エターナルラビリンスのハイジニーナの注意点

VIOのシェービングサービスはない

エターナルラビリンスの売りの一つに剃り残しの無料シェービングサービスがあります。ほかのサロンではその部分を除いての照射、もしくは有料のシェービングサービスの強制利用となっているようです。エターナルラビリンスでは腕や足などは基本的に無料でシェービングしてもらえるので、剃り残しがあっても安心して施術を受けられるのです。
ただ、ここで注意してもらいたいのがシェービング対応ができない部位があるという点です。VIOに関しては衛生上の問題からシェービングしてもらえないのです。ここを勘違いしているとハイジニーナ脱毛に行っても照射してもらえないという事態に陥ってしまうので、よく理解しておきましょう。
VやIはいいけれど、Oラインに関しては自分でできない、どうしようという女性も多いかもしれません。彼氏がいれば剃ってもらうというのもありといえばありですが、恥ずかしくて頼めないでしょう。となると自分でやるしかないわけです。でも見えない部分を手探りでやるのは大変危険です。そもそもこの部分は粘膜に近いので肌がデリケートです。傷つけてしまっては照射してもらえません。そこでおすすめが合わせ鏡を使った方法です。鏡を2枚用意して合わせ鏡のようにしてOラインを鏡に映します。それを見て剃っていけばいいのです。1枚下においてもう1枚は手で持って調整してとなるので、慣れるまでは難しいかもしれませんが、この方法が一番安全かつ確実にきれいにシェービングできます。なお万が一の事態を避けるため、カミソリは安全刃のついたもの、あればアンダーヘア用のものを使うとなおいいでしょう。

生理になった場合のキャンセル方法は?

エターナルラビリンスでは生理中の下半身の施術はNGとされています。それ以外でしたら原則的に照射してもいいことにはなっていますが、おすすめはしていません。というのは生理中はホルモンの関係で肌が通常よりも敏感になっているからです。光による肌トラブルを避けるための措置なのです。
VIO脱毛、いわゆるハイジニーナの場合、もちろん生理中はNGです。安定した周期で生理があれば、生理日を避けて予約を組めばいいのですが、生理不順の方、もしくはストレスなどが原因で突発的に生理になってしまうこともあるでしょう。ハイジニーナを含む場合はキャンセルしないといけません。その場合は前日夜9時までに連絡を入れれば特に罰則はありません。それ以降の連絡では千円、無断キャンセルでは2千円の罰金となるので注意しましょう。